About Us

日本国際ポスター美術館は、当館の活動に賛同をいただける地元企業様、個人の皆様の寄付金、及び各種助成金により成り立っています。
 

当館は、寄付企業様、個人の皆様、そしてボランティアの方々のご協力により、日本初のポスター専門の美術館として発足以来25年以上の長きに渡り活動し、2006年3月NPO法人に、そして、2017年3月7日には、認定NPO法人となりました。

Services

数年毎に、国別ポスター展、大垣国際ポスター招待展、世界のアーティストによる、ユネスコ無形文化遺産「大垣まつり」のポスター展などを開催し、ポスターの視覚言語における国際様式の確立に貢献できることを信じ、ポスター芸術の啓蒙活動を続けてきました。その結果、国内外から数多くの芸術的価値のある作品が当館に寄贈され、今では1万点に上る作品を所蔵しております。
ロートレック、ミュシャ、シェレ、サビ二ャック等の寄託作品も守り続けております。

 

しかしながら、長年の活動による膨大な所蔵作品の保存管理と並行しての「NO WAR」ポスター制作、展覧会の活動にはどうしても、現在の寄付金、助成金だけではまかないきれません。そこで、より多くの方々に当館の活動を知っていただき、共に世界平和を希求するためにご支援をお願い致します。

認定・NPO法人には反対給付が認められておりません。そこで、日本国際ポスター美術館・支援実行委員会を立ち上げ、CFの浄財が集まった後、美術館に寄贈することとしました。